ロンドンからハロー

下地イサム

ロンドンからハロー

みなさん元気ですか?
わたくし下地はロンドンにおりますよ~。

12時間に及ぶダイレクトフライトでした。
機内では一睡もできず、少しふんわりとした気分でロンドンに
降り立ちました。

いや~、しかし空港を出てロンドンの街並みを観たとたんに
ぐんぐんテンションが上がりましてね、何でもできるような
気分になっていきましたよ。はは、ワケがわからないですね。

ホテルでチェックインしたところ、
3階のお部屋ですけど、
4階ですから間違わないでくださいね、
エレベーターは無いので階段でどうぞ。
と、
フロントのお姉さんが丁寧な母国語で説明してくれました。

ふんわりとした心持ちのままギターを背負い、超重量級の
スーツケースを抱えて後ろを振り返ると、
狭くて急勾配の階段が、「さぁ上ってみろ」と言わんばかりに、
英国の歴史の重みと風情とを携えて、ドッシリとたたずんでい
るように見えました。
厚手のじゅうたんが、またひときわ美しいのです。

踊り場の無いその階段は、見た目以上に僕らを疲れさせました。
まだ1曲も歌っていないロンドン初日ですけれども、
早くも最大の山場を迎えたかのような、巡礼のような階段上りで、
さすがにくじけそうになりながら、やっとのことで4階の部屋にたどり
着いたというわけなんです。
エレベーターに慣れすぎた日本人を、ロンドンがチクリと戒めたの
かもしれませんね。
ノープロブレムです。

いやいや、
そんなことはどうでもいい話なんです。
とりあえずライブの時間が迫ってきたので、あとは写真を見てください。
のどかでゆったりと、どっしりとした風格のある国に間違いありません。
アビーロードスタジオにも行ってきました。
ライブの様子などはまた次の更新でお伝えします。
シーユー。

no images were found