ISAM’S BLOG

下地イサム

LATEST NEWS

コルゲート

むかしコルゲートという商品名の歯磨き粉が売っていました。(あ、今も売っていると思いますが)

正確に言うと、歯磨き粉といえば島にはコルゲートしか売っていなかったのです。

復帰前の沖縄はアメリカの商品が多く、米軍キャンプのスーパーマーケットで「コルゲート」という練り歯磨き剤が売られたのをキッカケに沖縄全土に広まり、本土復帰したあとも長い間、沖縄の一般家庭でナンバーワンのシェアを誇っていたという歴史があります。

そんなわけで、沖縄県民にとってコルゲートと言えば歯磨き粉の代名詞だったのです。

「コルゲートを買ってきて」

と言われることはあっても、

「歯磨き粉を買ってきて」

と言われることはありませんでした。

しかし復帰してしばらくすると、本土からの製品もどんどん入ってきて、

歯磨き粉だけに限って言えば

「クリニカ」や「ホワイト&ホワイト」や「デンターライオン」など、

たくさんの商品が棚を賑わすようになりました。

 

僕が小学生のころ、集落内の近所の商店にお菓子を買いに行ったときです。

80歳ぐらいのおばぁがいきなり店に入ってきたかと思うと、店番をしている73歳ぐらいの後輩おばぁの名前を呼びながら、

「テンタ  テンタ」

と言うのです。

「は?何てぇ??」

「テンタよ テンタ」

「テンタとは何か?」

「テンタさ テンタ」

まるでババの一つ覚えのように、

売り手と買い手の疎通度ゼロの世界に、「テンタ」という言葉だけが何十回と連呼されていました。

お菓子を買いたくてただその場に立ちつくしていた僕も、

『テンタって何だろう?』と疑問に思うようになりました。

その80歳ぐらいのおばぁは、73歳ぐらいのおばぁが留守のときは、店番を手伝ったりしているらしく、何やらやたらと馴れ馴れしいのです。自分の言うことを聞かないならもう店は手伝ってあげないからねというような素振りで、とてもお年寄りとは思えない威圧的な態度で後輩おばぁに迫ってくるのでした

「あんた、テンタも知らないの? コルゲートのことさ」


「なーんね、コルゲートならコルゲートって言えばいいのに。 テンタ、テンタって。 コルゲートならあっちの棚にあるさ~、ハイ」

店のおばぁは少しイラついた感じで、それでも見てごらんうちのコルゲートの仕入れ数を、とでも言うように、勝ち誇ったような顔でコルゲート一色に積まれた棚を指差しました。

「ちがう、あのコルゲートじゃない、テンタよテンタ。 コルゲートだけどテンタよ」

「うちはコルゲートはあれしかないけど、別のコルゲートがあるの?」

「あるさー、あんた店をやっているならそれぐらいは知らないと」

呆れたような口調で客のおばぁはそう言うと、棚から仕方なく「テンタ」ではないコルゲートの箱を一つ手に取り、代金を支払って帰っていきました。

 

 

話の内容がわかりやすいように補足説明を加えておきます。

1.店のおばぁは、歯磨き粉と言えばコルゲート。コルゲートが商品名ということも知らなければ、他の商品名もたくさんあるということを知らなかった。

2.客のおばぁは、「デンターライオン」という商品を買いたかったらしいが、歯磨き粉のことはやはりコルゲートだと思い込んでいた。

3.島に民放が入ってきたばかりで、客のおばぁはコマーシャルを見て「デンターライオン」を知ったらしいが、店のおばぁの家には民放がまだ引かれていなかったらしい。

 

何を隠そう、その場にいた僕も当時はNHKオンリーだったので、そのテンタなるものがデンターに結びつく可能性は1%もなかったのです。

 

 

悟りの境地

悟りの境地とはたとえばどんな境地なのだろうかと考えてみました。

いえいえ、僕自身が悟りを拓こうなんてそんな大それたことではまったくありませんけどね。

広辞苑を引くとですね、「世の中の真理を会得する」というような説明書きがありました。

へぇー、そうなんだ。

って、だからそれがどんな境地よ。

 

むかし僕が高層ビルの建設現場でとび職をしていた頃ですけどね、

見事なまでに計算されつくしたあの分業システム、流れ作業というものに、

言葉にできないほど感動したのを憶えていますよ。

設計士さんたちが設計した図面に基づいて建物の基礎が打たれ、とび職人が上へ上へと鉄骨を組み、さらにその周りに足場を組んでいくと、その足場の上で鍛冶屋さんが鉄骨接合部分の溶接やボルトの本締めをしていきます。ガッチリ組み上がった鉄骨の上に、デッキ屋さんと呼ばれる人たちがデッキプレートの床を敷いて溶接していきます。そのプレートの上に鉄筋屋さんが鉄筋を組み、土間屋さんがコンクリートを流し込み、内装屋さんが部屋の間取りや内装を、天井屋さんが天井を、電気屋さんが電気を、設備屋さんが水道の配管設備などを施して組み上げていきます。

という具合に、餅は餅屋の言葉の通り、それぞれがそれぞれの専門職に特化して、見事なまでに流れるような分業体制によって一つの巨大な構造物ができ上がっていくのです。

日常生活の中で私たちは各々違う仕事をしているのに、それが国全体としての大きな経済の一翼を担って、社会生活をうまく機能させているのとまったく同じ世界の縮図を見ているような気がしました。

 

あ、では果たしてその気づきが悟りのようなものなのでしょうか。

いや~、少しは何かを悟っているような気がしなくもないですが...

多分そうではなくてですね、もう少し違う感覚を言いたいのです。

先を続けます。

建設現場に携わるそれぞれの専門職の人たちは、自分たちがビルの建設に関わっていることをあらかじめ知っていますね。ひとたび現場の外に出れば、ビルの外観を見ることができるわけですから、それは理屈を超えて一目瞭然というわけです。自分たちが毎日働いていることの意味が、あの完成に近づいていくビルを見ることで確認できるはずです。

ところがもし、それを知らずに働いているとしたらどうでしょう。

たとえば鉄筋屋さんの世界では、子どもの頃から毎日鉄筋だけを組んでいて、ビルの外に出ることもなければ、その鉄筋の上からコンクリートを流し込んでいる場面さえ見たこともないとしたら。自分たちの仕事がいったいどういう意味を持って何の役に立ち、どこでどのような決着を見るのか、おそらく何も想像できないまま生きているということになるはずです。そのときですよ。そういう世界で生きているときに、ある日突然自分はビルの中にいるのだと感じてしまうのです。大きな構造物の中に生きている自分を感じ、己が担うべき役割に気づき、すなわち己の存在意義を悟るのです。これが「悟りの境地」と言われる感覚世界ではないか...。

この広い宇宙に存在する我々生命体が、いったい何の意味を持って生きていて、いつかは何かの決着をみるのだろうかと想像してみても、そこには答えが見つかりません。我々はその先に悟りを拓くことに限界を与えられてしか、生きることを許されていないのかもしれませんね。

もしやどなたか、お金を出せばビールが買えるみたいに、

答えは簡単だよという方がいらっしゃるなら、是非教えて下さいませ

やれやれ...

 そして明日になるのです。

必ず明日に。

 

 

発売日でございます!

いや~、みなさーん、お久しぶりです。

更新がこんなにも遅くなってすみませーん。

ねっからの怠け癖がでてしまいました。

 

 

もう僕という人間は本当に...

 

そんな前置きで文章を書きなさいと言われたら、

それはそれは底なしにいくらでも出てきます。

自分のだらしないところ、至らないところがです。

人生は継続。継続は人生。

座右の銘とはこれいかに。

 

さて、話を無理やり変えさせていただきますよ。

今日はもう22日、10周年記念のBESTアルバム発売日です。

おかげさまでまた一つ自分の人生に節目の日を迎えたような気持ちです。

この10年間応援してくださった皆様、支えてくださった皆様に心から感謝いたします。

本当にありがとうございます。

 

音楽は僕にとって人生そのものです。

乗り越えられそうもない壁にぶち当たったとき、いろんな音楽が僕を支えてくれました。

音楽に癒され慰められ励まされてきました。

そして何かのときにはそんな音楽がいつでも聴けるように、口ずさめるように、自分の心のひきだしの中にしまってあります。

自分が作る音楽も、そんな風にして誰かの心のひきだしの中に入ってくれたらいいなぁという思いで一曲一曲生み出してきたつもりです。

聴きたい音楽がそのときの気分で変わるのと同じように、自分が作りたい音楽というのもまた、自分の心のその時どきの浮き沈みそのものなのかもしれません。そして同時にその歌を届ける時の自分の心持ちというものも、根幹にある信念のようなものは不変でこそあるのですが、歌う時の心模様というのは、まさに一度として同じかたちなどなかったように思います。歌は生きているというより、生きている自分が歌ってきたとういことでしょうか。強いときの自分、弱いときの自分、弱かったのに歌っていくうちにお客さんの歓声や拍手で強くなっていく自分。そんな生身の己の喉を震わせて出ていく歌たちが、同時にまたその瞬間、そのときどきの心持ちで聴く生身の皆さんの胸に、そのときどきの印象で届いていったのかと思うと、何かそれだけで、あらためて言葉では言い尽くせない感慨が押し寄せてきます。

この10年間にいろんな場所でいろんな歌を数え切れないほど歌ってきたそれぞれの瞬間瞬間は、一つとして同じかたちはなく、「生」、文字通り「LIVE」そのものだったと思えてくるのです。そのときだけがもつ空気の中で、その瞬間の僕の歌を聴いてくださった全ての皆さんに感謝せずにはいられません。

この29曲入りの2枚組みアルバムが僕の歴史の全てということではもちろんありませんが、下地勇の足跡であることは確かです。ある方には思い出のアルバムとして、またある方には新しい音楽の扉を開く最初の道しるべとして、それぞれのひきだしの中に収まってくれたら幸せです。

支えてくださっている全ての皆さんに感謝の気持ちを込めて...


下地勇

 

宮古島久松の風景