ISAM’S BLOG

下地イサム

LATEST NEWS

人生の確認

仕事の打ち合わせで二日間宮古に行ってきました。

朝、久松漁港から海沿いの道をずっと散歩していると、

人も車もほとんど通らない静まりかえった道を、

向こうから一人の男性が歩いてくるのが見えました。

すれ違うところまで近づいて、ふと顔を見ると、

実家の近所の先輩です。

その先輩は東京に住んでいるはずでしたが、

都会暮らしを引き払って久松に帰ってきているという噂を、

誰からとなく耳にしてはいました。

 

「アザ(兄貴)、なんでこんなところを歩いているの?」

と声をかけました。

「おいおい勇、お前でもう何人目かな」

笑いながらその先輩が言いました。

「オレは毎日ここを歩いているんだけど、誰かに会うと必ず

同じことを訊かれるんだよ。東京ではありえないことだったからさ、

子どものときはそうだったよなぁってつくづく思いながらなーんかおかしくてさ」

「久松に戻って来てるんですね」

「都会の生活にちょっと疲れちゃってさ、少し休みに来たんだよ」

「それで毎日この道を歩いてるんですか?」

「ああ、自分の人生を確認してるのさ」

ちょっとカッコつけたような照れ笑いを浮かべながら、でもどことなく寂しそうな眼をして先輩が言いました。

「人生の確認...ですか」

「そうなんだ。いろんなことがあったからさ。そうだ勇、あの丘の上から久松の海を見ようよ。オレの散歩コース、人生を確認するために外せないポイントだよ」

「僕もあそこが好きです。行きましょう」

ゆるやかな坂道を二人でゆっくり上っていきます。

歩きながら僕は、東京から戻ってきたときは自分も同じような気持ちだったなぁと、なぜかひとりでに先輩と同じような気持ちになっていくのを感じました。

「勇、ここからの眺めがオレは一番好きだ。最高だろ」

「ホントにいいですね」

「懐かしいけど、ずいぶん変わっちまったよな。あそこでいっつも泳いでいたし、この道は友だちと自転車競走をしたもんだ。あの頃の面影はもうないけどな。あの無人島だけが何も変わっていないってのが、何か皮肉だな」

「僕らもあそこで泳いだし、この道で自転車競走をしましたよ」

「ほう、お前らもか」

 

一緒に遊んだことはないのに、同じ遊びをしている。

この先輩たちがやっていたことを、僕らも同じようにやって、

同じように島を離れ、そして同じように人生を確認しに戻っている。

 

年齢だけが違うというだけで、この里を離れるまではほとんど変わらない暮らしをしていたはずです。それが島を離れてひとり立ちすると、全然違う道を歩んで、もしかしたらもう二度と会うこともなかったかもしれないその先輩と、こんな場所でバッタリ会ったかと思えば、同じ場所に同じ思い出を蘇らせ、同じような人生への思いに駆られている。何とも不思議な巡り会わせのようなものを感じずにはいられませんでした。

うちのおばぁがいっていた言葉、「己(どぅー)が根(にー)ゆ忘(ばし)なよ」

自分の根っこを忘れるなよ。

 

その言葉の意味があらためて自分の奥底に沁み入るのを感じながら、人生の確認をしに来た先輩に、僕自身いろんなことを確認させられたような気がしているのです。

 

みんな必死に生きているのだなぁ。

ではまた明日。

 

 

 

 

 

 

マチグヮーライブ

今日は那覇の平和通りマチグヮー館でライブをしてきました。

写真を撮ろうとしたのですが、カメラが電池切れでたった一枚しか

撮れませんでした。

それもツグアツ兄さんの哀愁漂う背中だけです。(笑)

商店街で『商店のおばぁ』を歌ったのは初めてです。

何とも言えない気持ちになりました。

実は僕、サラリーマンをしていた頃に、沖縄本島名護市から

石垣島まで、約7千店舗を対象に空き店舗調査のアンケートを

やったことがあります。

ひとり商店街を歩きながら、あの頃のまま変わっていない店を見ては、

懐かしい気持ちになったり、当時の面影は何も残っていないほど

新しい店が軒を連ねているところを見ては、時が流れていたんだなぁと

人知れぬ感慨にふけったりしておりました。


ライブ会場にお越しいただいた皆さん、どうもありがとうございました。

スタッフの皆さんもお世話になりました。

 

同じ夢を

いやぁ~、

おかげさまでぐっすり眠らせてもらいました。(3日間もかぁ?)

...。

静寂よこんにちは。


 

今日の沖縄はいい天気に恵まれました。

朝からせっせと布団を干し、洗濯物たちも久しぶりの日光浴でございますよ。

冬の日照不足というもの、今年の沖縄は特にひどいですね。

雲に手綱をつけて意のままに操れたらいいのにと思ってしまいます。

 

 

さて、最近僕はよく同じ夢を見るんですよ。

恐怖とかそういう類いのものではないですけどね。

高校生のときに借りたレンタルビデオを

1本返却していないらしく(いや、あくまで夢の中でですよ)、

その延滞料金が680万円になります、

などと当時のレンタルビデオ屋さんから督促の電話がかかってくるのです。

ある意味恐怖ですけどね(笑)。

フロイトの夢分析をじっくり読んでみようかと思っているほどです。

フロイトによると夢には四つの性質があるらしく、

「不安」、「退行」、「抑圧」、「検閲」に分けられるそうです。

 

その中のどうやら「不安」に該当するらしいです。

自覚がないから厄介です。

たまに、自分の脳がここまでのストーリーを思いつくのかぁっていう

ような夢を見るときってありますよね。

セサミストリートの音楽に合わせて、

二人の男の人が交互に餅をつくようにドンカチ、ドンカチ

つるはしで井戸を掘っているのです。その音は実は心臓の音で、

二人の息が合わないとたちまち不整脈みたいになってしまいます。

目を閉じて胸に手を当てている自分が、心臓の鼓動を感じながら、

肋骨の内側にそういう世界を想像しているといった不思議な夢です。

それは小学生のときに見た夢です。

どうしてそんな夢を見たのかさっぱりわかりません。

無意識の領域って恐ろしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

説得力のない写真ですみません。