ISAM’S BLOG

下地イサム

LATEST NEWS

ブルース・リーとヤギ

ブルース・リーの話をし出したら、なんかいろんなことを思い出してしまった。

僕は小学生のとき、ブルース・リーが大好きで、部屋に大きなポスターを貼っていた。

上半身裸で、大胸筋に鋭い鉄爪で引っ掻かれた傷を見せ、ヌンチャクを持ってあの独特のかまえをしたポスターだ。

僕はあのポスターが大好きだった。

ブルース・リーの表情というものは、まさにブルース・リーだけが持つ孤高の表情のように思われた。誰にも負けるはずがないという強さの裏に、痛みを与えてしまう相手に対してどこか「ごめんね」みたいな、慈しみの感情を併せ持ったような独特の表情だ。

そう、どことなく物哀しくて切ない。

武道を極めたつわもののみが持つ哀悼の魂の現れなのだろうか。

ブルース・リーは、己のたたずまいとその表情のみで、幼い僕らのまでもパーフェクトに掴んでいた。それは言葉を超えて伝わる美徳のようなものだった。

だから僕はブルース・リーが大好きだった。

「アチャー」と叫びながら、ランニングシャツを脱ぎ捨て、ブルース・リーに少しでも近づこうと、何度もその表情を真似ては身体を揺らしてかまえた。

「アチャー、アチャー」と何度も雄叫びを上げていたので、しまいには隣の部屋にいた兄貴がやって来て、

「うるさいっ!」と怒鳴った。

「やるんならどっか誰もいない場所でやってくれ」

 

僕は仕方なく階段を下りて一階の一番座といわれる客間で、

ランニングシャツを着ては脱ぎ、「アチャー」と叫んでは構え、またランニングを着ては脱ぎ、これを何度もくり返した。

すると、二番座(居間)でテレビを観ていたおばぁが、

「相撲が聴こえんよ」

と言い出した。

僕は無言で外に出た。寡黙なところも完全になりっていた。

家の庭でまた同じことをくり返し、スッとかまえると、目の前をパリ帰りの馬車が通って、馬車の上のパリジェンヌおばぁが僕を見てニヤニヤしながら過ぎていくので、恥ずかしくなり、いよいよ行き場がなくなって、僕はタツ(馬小屋)に入った。

馬はおじぃと一緒に畑(パリ)に行っているので、タツには6匹ほどのヤギしかいない。絶好の場所だ。

上半身裸でヤギたちの前まで行き、サッとかまえると、

ヤギたちはビクッとして視線は僕に釘づけになった。

彼らを敵に見立てるように身構えて、ブルース・リーのあのお決まりの甲高い裏声で

「アチャー」と言うと、

「メェェ」と鳴いた。

アチャーと言えばメェー。

アチャー メー。

まるで沖縄民謡のような...

って、そんなことはどうでもいい。

 

「アチャチャチャチャ アチャアアァァァ~!!」

と大声で叫ぶと、

「メェェェ、メェ、メェェ~」

と、ビクつきながらヤギたちもそれぞれに鳴き返してくる。

そしていよいよクライマックスは、あの切ない視線だ。

ブルース・リーにしか醸しだせない、かすかに悲哀を含んだあの視線を真似て、ヤギたちを一匹ずつなめるように見つめていった。

するとヤギたちは、あのビー玉のようなブルーな瞳で、ヤギたちにしか醸し出せない、世の中の真理を知り尽くしたような、それでいて僕のの中を見透かしたような眼差しで見つめ返してきた。

睨み合い、いや、見つめ合いは続いた。

首を少し斜めに傾げながら、ヤギたちは少しも動かない。

僕だけがわずかに上半身を揺らしている。

身も心も完全にブルース・リーになっていた。

寂寞(じゃくまく)とした静けさが続いたのち、

ヤギの首がゆっくりとうな垂れるように下を向いたかと思うと、モグモグと草を食べはじめた。

アゴを動かしながら再び僕を見つめる彼らの視線は、興醒めしているようでもあり、おちょくっているようでもあった。

敗北感とともに僕はタツの外に出た。

ランニングシャツが、汗と汚れにまみれ、のびのびになっていた。

 

どうでもいいことかもしれないが、

その頃の僕は、

ブルース  リーのことを

ブルー  スリーだと思っていた。

 

どうでもいいはずがない。

真似事はできても、本人にはなれない。

偉大なブルース・リーよ、ごめんなさい。

 

考えるな、感じろ!

そう言ったのはブルース・リーです

「TSUTAYA365」というシネマ名言集を見ていたら、無性に映画が観たくなりました。

最近全然観ていないんだなぁ...

 

「燃えよドラゴン」でブルース・リーが言ったこの言葉は、

カンフーの極意なんだろうと思いますが、実は生きることの全てに通じる、普遍性を持った奥深い言葉なんですよね。


ブルース・リーは偉大ですよ。

宮古島に映画館が三つもあったころ、親父がたまに連れて行って観せてくれたのは、ブルース・リーの映画だけでした。

映画が終わって建物の外に出てくると、何か自分も強くなったような気持ちになって、ふと他の客たちを見ると、やっぱりみんなもどことなくたくましさが増したようなオーラを放っていて、歩いて帰っていく様も「さぁ、かかって来い!」みたいな感じで、少しばかり顎を上げて肩で風を切って去って行くではありませんか

きっと映画を観ていた人たちも、

考えずに感じたんでしょうね。

 

映画館からちょっと歩くと飲み屋街でした。

経験 その二

前回のブログです旦那...

支離滅裂とはまさにあの文章ですぜ。

いやはや。失礼しやした。

リベンジでもなんでもありやしませんけどね、

へへ、今日は別の話を聞いてくださいよ。

 

ある本に面白いエピソードが書いてありました。

離れ小島まで渡し舟の仕事をしている老人のところに、お客さんが乗り込んできました。その人は学者さんで、自分の知識をひけらかしてばかりいるとても威張った人でした舟を漕ぎ始めた老人に向かって、自分がどれだけ魚の種類を知っているか、海洋学や天文学、あるいは気象学などの知識を豊富に持っているかということについて自慢をはじめました。

ずっと無言で聞き入っていた老人は、

「あなたは今私が話している意味がわかるかね?」

と学者に尋ねられると

「さっぱりわかりません」

などと答える始末です。すると学者は、

「ふっ、無駄な人生を過ごしているんだな。残念だ」

と鼻で笑いました。

しばらく漕ぎ進んで向こう岸が近づいてきたとき、老人が言いました。

「お客さん、あなたは泳げますか?」

学者は鼻で笑いながら言いました。

「ふ、そんな無駄な経験は私の人生には必要ないね」

すると老人はこう言いました。

「残念です。舟底に穴が開いてしまって、この舟はもうすぐ沈みます」

 

 

この話は、知識が豊富でも泳ぐことのできない学者より、知識はなくとも泳ぎを習得している老人の方が生きる力はあるということを端的に教えてくれています。魚の名前を全部知っている人より、一匹でも魚を捕れる人の方が生きていけるということでしょうね。

僕の生まれ島久松には、80歳を過ぎても現役の漁師さんがいます。たった一人でサバニに乗って沖まで出て行っては、星の位置や島の灯りなどを見ながら夜中にはちゃんと港に帰って来ます。潮の満ち干きや風向き、星や島の位置などから、何の目印もない大海原で魚の居場所を見つけ出すというからすごい話です。雲の動きや風の湿り具合などで、海が荒れだすことも予測できるといいます。機械に頼らず自然だけを相手に長年経験を積んで、生きる力を身につけてきたお年寄りたちはホントすごいですね。

 

写真は伊良部島佐良浜の海人たちです。