ISAM’S BLOG

下地イサム

LATEST NEWS

やっと生き返った

 気がついたらもうお正月三が日も過ぎ、

朝はいつも通り、出勤の車やバイクの音、どこかで建築中の重機の音、

ごみ収集車から流れる「エリーゼのために」、空にはオスプレイの轟音。

沖縄の日常に戻ってきた、街の喧騒です。

(正月も終わったかぁ)

 さて、僕は今日やっとのことでインフルエンザによる高熱から解放され、

安堵感と半ば放心したような状態でこのブログを書いているところです(笑)。

いやー、しんどかったー。

40歳を過ぎて久々の40度越え。

これはヤバかったです。

老眼で見る幻覚...

おそろしくぼやけた世界。

そしてあれは幻聴か。

遠くから何度も聞こえてくる同じフレーズ。

ハ・ツ・タ・マ・ゲ・タ

 

「よりによって元旦からかい」

身内からたくさんのツッコミをちょうだいしました。

返す言葉もございません。

いちいちブログに書くことでもないとは思ったのですが、

皆さんにも予防対策などしっかりやっていただきたいと思ったものですから。

手洗い、うがい、できれば予防接種まで。これでパーフェクトだと思います。

僕ともあろう人間、その辺の基本中の基本こそ、

何をおいても最優先に実行していなければならない職業柄でありながら、

このような失態、まことに痛恨の極みであります。

今年の初反省事項になりました。

 

 「縁起」ということでいうと、

元旦から高熱を発して三日間寝込んでしまうような一年の始まりを、

僕自身どのように受け止めたらいいのか判りません。

縁起が悪すぎる、最悪だといえばもうそれ以外には何もないような気もします。

なので、いや、だからこそ、

僕に残された道というのは、ネガティブ思考をすべてシャットアウトし、

完全に気持ちを前向きに切り替えること、それ以外にありません。

つまりはそういう風に、

前向きな気持ちで突き進む一年でありなさい!

ということなのでしょう、きっと。

「いや~、本当によかったなぁ。仕事の入っていないお正月で」

「これだけ幸先悪いスタートならば、もうあとは一段ずつ階段を上っていくだけよ」

フフッ。

 

 さぁ、何はともあれ健康な皆さん、

お元気そうで何よりです。誰が何と言おうと健康が一番ですから!

ちょっとした不注意で、僕みたいに寝込んでしまうことのないようにね。

キヲツケナハレヤー。

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

2013年を迎えました。

みなさん、どんな正月をお過ごしですか?

幸多き年になってほしいですね。

年末ギリギリまで仕事していたので、ごあいさつが遅くなりました。

昨夜のカウントダウンライブも盛り上がって楽しかったです。

 

去年は僕にとって本当に充実した一年でした。

応援していただいたすべての皆さんに感謝いたします。

今年からまた11年目という新たなスタートの年を、

肩の力を抜きながら歩いて行こうと思います。

さぁーて、どんな年にしましょう。

いろいろ、あれこれ考えるのが楽しくもあります。

達成できるかどうかは別にして、目標を掲げるのだけは大好きです(笑)。

新境地に足を踏み入れてみるというのもいいですね。

地道に何かに没頭するってのも憧れます。

いろんな趣味にハマるのも悪くない。

よーし。

 

また全国のあちこちで皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

今年もよろしくお願いします。

2013年がすべての皆さんにとって幸せな年になるように心からお祈りいたします。

 

下地 勇

2013年 平成25年 元旦

節目ですよ

今年最後の収録だの、撮影だの、飲み会だの、

新たな年を迎えるための、

そろそろ何もかもが締めくくりの準備に追われている、

そんな年の瀬の空気が好きですよ。

あらゆる物事は一旦ピシャリと締められて、

また新たに出発させられるのです。

まるで何もかもがそうあらなければならないというように。

それにしても、世界中が一様に同じ雰囲気を醸し出すのはなぜでしょう。

本当に不思議です。

 

モグモグと草を噛み続けているヤギ達は、

大晦日の除夜の鐘を聴きながら、

それでもただ目の前にある草を、

つい1分前にそうしたのと何も変わらない無意識さで噛み続け、

年をまたいでいくのだろうと思います。   たぶん。

そこにあるものは代わり映えのしない空気。

そこにないものは節目という観念。

 

人類のみに普遍のその「節目観」みたいなものが、

たとえばある時期が来ると一斉に、

いがみ合ったり争ったりしている国々や人々をも

一旦ピシャリと締めさせて、

新たな気持ちで一から関係を築き上げていくというふうに、

何が何でもそういうふうにはたらいてくれたらいいなぁ。

 

おやすみなさい。

 

no images were found