1月2012

下地イサム

LATEST NEWS

マチグヮーライブ

今日は那覇の平和通りマチグヮー館でライブをしてきました。

写真を撮ろうとしたのですが、カメラが電池切れでたった一枚しか

撮れませんでした。

それもツグアツ兄さんの哀愁漂う背中だけです。(笑)

商店街で『商店のおばぁ』を歌ったのは初めてです。

何とも言えない気持ちになりました。

実は僕、サラリーマンをしていた頃に、沖縄本島名護市から

石垣島まで、約7千店舗を対象に空き店舗調査のアンケートを

やったことがあります。

ひとり商店街を歩きながら、あの頃のまま変わっていない店を見ては、

懐かしい気持ちになったり、当時の面影は何も残っていないほど

新しい店が軒を連ねているところを見ては、時が流れていたんだなぁと

人知れぬ感慨にふけったりしておりました。


ライブ会場にお越しいただいた皆さん、どうもありがとうございました。

スタッフの皆さんもお世話になりました。

 

同じ夢を

いやぁ~、

おかげさまでぐっすり眠らせてもらいました。(3日間もかぁ?)

...。

静寂よこんにちは。


 

今日の沖縄はいい天気に恵まれました。

朝からせっせと布団を干し、洗濯物たちも久しぶりの日光浴でございますよ。

冬の日照不足というもの、今年の沖縄は特にひどいですね。

雲に手綱をつけて意のままに操れたらいいのにと思ってしまいます。

 

 

さて、最近僕はよく同じ夢を見るんですよ。

恐怖とかそういう類いのものではないですけどね。

高校生のときに借りたレンタルビデオを

1本返却していないらしく(いや、あくまで夢の中でですよ)、

その延滞料金が680万円になります、

などと当時のレンタルビデオ屋さんから督促の電話がかかってくるのです。

ある意味恐怖ですけどね(笑)。

フロイトの夢分析をじっくり読んでみようかと思っているほどです。

フロイトによると夢には四つの性質があるらしく、

「不安」、「退行」、「抑圧」、「検閲」に分けられるそうです。

 

その中のどうやら「不安」に該当するらしいです。

自覚がないから厄介です。

たまに、自分の脳がここまでのストーリーを思いつくのかぁっていう

ような夢を見るときってありますよね。

セサミストリートの音楽に合わせて、

二人の男の人が交互に餅をつくようにドンカチ、ドンカチ

つるはしで井戸を掘っているのです。その音は実は心臓の音で、

二人の息が合わないとたちまち不整脈みたいになってしまいます。

目を閉じて胸に手を当てている自分が、心臓の鼓動を感じながら、

肋骨の内側にそういう世界を想像しているといった不思議な夢です。

それは小学生のときに見た夢です。

どうしてそんな夢を見たのかさっぱりわかりません。

無意識の領域って恐ろしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

説得力のない写真ですみません。

眠い

「おやすみなさい!」
と言ったら、
自動的にまぶたが重たく閉じて、
のび太くんのように、
すぐに深い眠りへと落ちていく。
いいですね。

そのスイッチが探せません。
幼少期を取り戻すだけでいいんです。
だけでね。
しわもしみもしらがもね。
嗚呼、雑念たちよさようなら...。
目を閉じて何も見えず、
悲しくて目を開ければ、
嗚呼...
こうして醒めていくのです。

誰が揺り動かしても、
決して起きるものですか。
今日は眠ると決めたら眠るのです。

「おやすみなさい!」