2月2017

下地イサム

LATEST NEWS

ジュウロクニチは12日

今年もやってきます、ジュウロクニチ!
旧暦1月16日のことです。今年は12日です。ややこしいですね(笑)。
宮古・八重山地方の神行事、あの世のお正月です。お墓の前で重箱を広げ、お餅やお菓子や果物なども一緒に供えて、先祖の神様に手を合わせます。あの世でも豊かに暮らせるように、ウチカビ(あの世のお金)を燃やして天に届けます。
今年のジュウロクニチは宮古に帰りますよ。島でライブもやります!
時間のある方は是非お越しください。

勘太郎ライブ

今日は那覇のライブハウス『Out put』で内田勘太郎さんのソロライブを観てきました。いやー、素晴らしかった!どこまで進化していくのでしょう。
ハンパないね。あの超絶ギター。
何度見ても衝撃が身体中を走ります。人間は時々打ちのめされることが必要ですね。またさらにギターを弾きまくりたくなりました。一から出直すつもりで(笑)。
心の師匠勘太郎さん(勝手に決めてますけど・笑)ありがとう!

合理化という言葉

今日ある本を読んでいたら、合理化について二つの種類があると書いてありました。頭の回転の悪い僕でも、これは非常に示唆に富んだ内容だと思ったので少し本文を抜粋します。
(以下抜粋)
合理化には非合理的合理化と合理的合理化がある。
非合理的合理化は、たとえば隣人からガラス瓶を借りた人が、それを壊してしまう。そして返して欲しいと請求されたとき、彼は次のように答える。
「第一に、それはもう返したはずだ。第二に、借りた覚えはない。第三に、借りたとき、すでに壊れていた」と。

合理的な合理化の例は次のようなときにみられる。経済的に困っているAが、親戚のBに金を少し貸してくれと頼む。Bはそれを断り、金を貸すことは、Aの無責任な、他力本願のクセを助長するだけであるという。さてこの論理はまったく健全なもののようである。しかしそれにもかかわらず、それは一つの合理化である。なぜならBはどんな事情にせよ、Aに金を持たせることを望まなかったのであるから。彼は、自分ではAの幸福を願ってのことであると思い込んでいるけれども、実際には、彼のケチくささが原因である。

いやー、おもしろい!
僕はこの文章を読んで、世の中にはもしかして合理化が(特にこの健全と思われる合理的な合理化が)蔓延しているのかもしれないと思ってしまいました。つまり始めから論理的思考で物事を考えているようにみえて、実はもともとあった自分の感情や願望に理屈づけをして、うまく調和させているような。でもその人の述べていることの論理性が合理化かどうか見破れないというのが厄介でもありますね。

なによりこれは他人事ではありません。身につまされる思いです(笑)。