news |

下地イサム

LATEST NEWS

ジャケ

2ndアルバム『THE SILENCE OF SAKISHIMA』     THE SAKISHIMA meeting 3月8日(水)発売!!

THE SAKISHIMA meeting 2ndアルバム
『THE SILENCE OF SAKISHIMA』
2017年3月8日(水)発売!!

【CD取り扱い&予約可能店舗】
☆取り扱い店舗☆
TOWER RECORDS=那覇店/新宿店/広島店
TOWER RECORDSオンラインショップ=http://tower.jp/item/4442321/THE-SILENCE-OF-SAKISHIMA
☆TOWER RECORDS店舗において予約も可能!!☆
全国のTOWER RECORDS店舗にてご予約頂けます。
ご予約際、下記内容をお伝え頂けるとスムーズです。
【アーティスト】:THE SAKISHIMA meeting
【タイトル】: THE SILENCE OF SAKISHIMA
【発売日】:2017年3月8日(水)
【品番】:ARIZ-2017
サウンドボックスミツトモ
普久原楽器店
TSUTAYA=名護店/具志川店/美里店/山内店/泡瀬店/宜野湾店/読谷店
わしたショップ=札幌店/銀座店/埼玉イオンレイクタウンkaze店/名古屋店/国際通り店
宮脇書店=経塚シティ店/具志川イオン店/イオン名護店/イオン南風原店/大山店
 

【収録曲】全11 曲
     1. ザ・サキシマユニゾン 
     2. ユーニンガイ 
     3. アイランドラッシュ
     4. カンピライ(神降臨) 
     5. 島風
     6. 旗波
     7. シディガフー
     8. 臥待月
     9. 松原ユンタ
  10. The World of EN
  11. 百夜

価格2,500円(税込み)

先アー写

「THE SAKISHIMA meeting LIVE in Seoul」【沖縄ツーリストライブ・打上げ付きプラン】

【沖縄ツーリストライブ・打上げ付きプラン】
「THE SAKISHIMA meeting LIVE in Seoul」の
緊急決定に伴い、ライブ鑑賞ツアーを造成致しました。
『ソウルへ集合!THE SAKISHIMA meeting LIVE in韓国 鑑賞ツアー3日間』
※ソウル現地集合プランです、航空券はお客様手配、または沖縄ツーリスト別手配になります。
※貯まった特典航空券をここで!という方、普段からLCCを使っていらっしゃる方などは使いやすい!

<チラシ>
http://www.otsinfo.jp/e-brochure/tokyo/tsm_seoul.pdf
※ソウル現地集合プランです、航空券はお客様手配、または沖縄ツーリスト別手配になります。
※貯まった特典航空券をここで!という方、普段からLCCを使っていらっしゃる方などは使いやすい!

<申込書>
http://www.otsinfo.jp/e-broc…/tokyo/tsm_application_form.pdf
※申込書データに書き込んで送付いただくか、申込書の内容をメールテキスト打ちでもOK

お申し込みは以下の沖縄ツーリスト担当者宛へ
ファックスまたはメールでお申し込みください。
沖縄ツーリスト東京支店 TSm韓国ツアー担当者宛
メール:tatskuri@otsinfo.co.jp
FAX:03-5408-5202
送信いただいた後担当者より追ってご連絡させていただきます。

泣けるねぇ

甲子園で敗れたチームの悔し涙を見ていると、どうしてももらい泣きしてしまう。もう泣かずにはいられないといった感じだ。あの涙はとても重い。何より価値のある涙のように思えてしまう。
ひたむきに努力して積み重ねてきたものをすべて出し切ったあとの、感情の爆発のような涙だ。
悔し涙を流しているのは何も野球選手だけではない。他の競技でも数えきれないほどの悔し涙が流れたことだろう。一度も負けないのは優勝するチームだけだから、それこそ他はみんな負けているということになる。全ての競技の悔し涙を見ることはできないから、全国放送の甲子園球児たちの涙の裏に、たくさんのひたむきな涙を想像し、重ね、そして僕はまた泣くのだ。
全身全霊でそこに向かったということ、それが素晴らしいね。
たくさんの勇気とやる気をもらったよ。
ありがとう!

名残惜しい下田から

毎年毎年、スタッフの皆さんの心からのおもてなしに触れ、心引かれ、名残惜しく下田を離れて帰る我々です(笑)。
その余韻に浸っていたところ、下田の仲間たちから写真が送られてきました。
いやー、何なんでしょう。カメラマンが撮るとこうも違うのかという感じです(笑)我々のカメラでもこんな風に撮れないものだろうか?いや、それはカメラではないね。撮る人のウデと愛だよ。感服!